白血球の数の異常!?

前期の血液検査の結果、白血球の数が異常に少ないと聞かされた。

通常数値が10以上なければならないところが、「8」。

白血球って?

血液の中に存在し、有害な細菌などを排除・殺戮する細胞のこと。
要するに私達の体を守ってくれる守り神みたいな感じ。(?)

白血球が少ないとどうなるの?

 一時的な軽度の白血球減少は、ウイルス等による感染症や薬剤(鎮痛解熱剤、抗菌薬など)によるものを
まず疑います。減少の程度が強い(2000/μl 以下など)場合や貧血・血小板減少を伴う場合、
白血球減少が進行性の場合は、血液疾患などを考えて精査が必要です。
 軽度の白血球減少では感染症に対する防御能に目立った低下はありませんが、好中球が500/μl 以下では
感染症が起こりやすく注意が必要です。

これから想像するに、このころ飲んでいた張り止めが原因だったのかなぁ。
当時つわりで食べられなかったし、切迫流産を食い止めるため、張り止め
を飲んでいたし・・・。可能性としては大あり。


しかし、なぜか白血球、復活!

結局、大事にはいたらず、切迫流産を乗り越え、つわりも終わって安定期に入って
順調な日々をすごしていました。
安定期も終わって妊娠後期での血液検査を受けました。
まだ白血球が少ないって言われたらどうしよう・・・。
と、一抹の不安を抱えながら結果を聞きに診察室へはいりました。


「結果も異常ないですよ。」


あら、そう(^^;

そう、なぜか白血球の数が復活していた!(笑)

でも、なんで、どうして!?
未だによくわからない。


そして、2人目妊娠。
このときも前期で異常、後期で復活というかたちだった。

先生にきいても、はっきりしたことはわからなかったようで、
首をかしげていたけど。

二人とも同じ状況になったってことは、体質かあるいは
張り止めの薬のせいか。

とりあえず病気ということはなくてよかった。


風疹の免疫って

私、風疹の免疫がついてなかったんです。
みんな風疹の予防接種は小さい頃にすませているはず。
だけど、私は免疫がついてなかったようです。(二十ウン年後にわかっても・・・)
風疹は妊娠中にかかると高い確率で子どもに影響がでるらしい。
       →もし妊娠中風疹にかかったら - [出産医療・産院選び]All About


予防接種はもちろん軽く病気にかかった状態にして免疫をつけるものなので、
妊娠した後に受けると結局かかったと同じコトになるので絶対だめ!

こうなったら、とにかく、風疹にかからないようにするしかないのです。


風疹は流行ったらしいけど、結局、かかることはありませんでしたが、
「出産したら予防接種受けとくように」と言われてたけど、
すっかり忘れてて、2人目妊娠(^^;
2人目のときも運良くかからなくてすんだけれども、
これから妊娠を希望される方は一度確認してみるといいかも。