2回目の出産体験記

陣痛のはじまり

またもや切迫早産の危機を脱し、無事38週にはいり、生まれてもいい状況に。

またすぐにははじまらず、また長女の時と同じように予定日をすぎるのかなぁ、なんて漠然と
考えてました。
予定日は8月8日。7月27日は旦那の誕生日。もしその日に生まれるといいなぁ、なんて
希望していました。朝、昼と過ごし、やっぱりそううまくはいかないかぁ、なんて思いながら、
長女とお風呂に入り、母乳マッサージを少々きつめにやりました。

そして、お風呂から上がると、なんとなく陣痛のはじまりのような気配が。
まぁ、またおさまることがあるだろうしと、様子を見てました。

3,4時間経っても、収まる気配はなく、すこしずつはっきりしている感じ。
気になって眠れず、時間を計ってみると、10分だったり、12分だったり、微妙・・・。
夜中の3時か4時頃病院に電話。

2人目ということ、また切迫早産になりかけていたのでまた早まる可能性があるということで、
その後、身支度をして入院することになりました。

入院

入院後、朝方、出張で関東地方へいっていた旦那に連絡。
なんか、あせって身支度しているようであたふたメールがいっぱい。
そんなにあせらんでもすぐには出てこないよ、と一言。
2人目ともなると、貫禄出てきた!?(自分で言うのもおかしいが)

間隔も10分間隔から8分、9分、12分とまちまち。
長女の時とちょっと違うなぁ、と思ってました。
必ずだんだんと縮まってくるものだと思っていたけど、
そういうわけでもないみたい。

そして、先生の検診。
まだまだとのこと。
陣痛を促すために、病院内を歩いてって言われたので、
歩き回った。
階段の上り下り、をもちろん休憩しながら何往復もした。

途中で陣痛の痛みが激しくなってくるのはわかったけど、
まだまだ長女のときと比べると楽な気がした。
よしよし、陣痛強くなってきた♪っていう妙な達成感があったりして。


陣痛がまだまだ軽く感じていたし、陣痛間隔も5分から短くならない。
先生に診てもらっても、きっとまだだって言われるかと思っていたので、
ナースコールせず、頑張っておりました。
でも、もう夕方。入院してから12時間くらい経つ

夕食が運ばれてきて食べようとしたが、陣痛がくると痛くて
食べられず、ちょうど少し前にやってきた旦那にナースコールしてみたら?
と言われて、ナースコール。

抱えてもらって前室へ。
そのころ隣の分娩室でちょうど同じように入院してきて一緒に歩き回って
いた妊婦さんが出産していた。

終わってから、私の診察(先生もたいへんだ)

「全開。すぐ分娩室に」

「えぇっ!陣痛間隔がまだ5分くらいなのにぃ?」と思い、
事実全開だったことがビックリ。

次女、出産!

分娩室へ移動し、長女の出産の記憶がよみがえった。

でも、そのときより気分はけっこう余裕。
陣痛間隔も5分くらいあったので、周りを冷静に見ることができたせいか、
かなり楽な感じだった。

でも、間隔は5分でも、先生は「赤ちゃん、もうそこまできてるよ」って。

マジですか。


そして、いざ出産!

息むと、それまでの余裕が一気になくなった!!!
この頭がでるまでの痛みを忘れていたよう(- -;


でも、なんとか出産!
18時30分 次女誕生。

処置後、先生に「1人目の時と比べたら、さすが2人目だからか余裕だったね。」と言われ、
必死は必死だったけど、余裕はあったかもと再確認しました。